協会活動報告

一般社団法人熊本県法面保護協会定時総会

 令和3年度定時総会を、5月28 日、熊本ホテルキャッスルで開催しました。
 冒頭、松村会長から、令和2年度はコロナ禍で満足な研修会、行事ができませんで したが、本年度は、役員一丸となり協会運営等を着実に進めるとともに、県南地域の 豪雨工事が本格的に発注されるため、協会員は一致団結し、復興・復旧に向けた協力 と結束を呼び掛けました。
 議事では、まず令和2年度の事業報告について、4月22 日開催の理事会において承認された旨を報告し、内容の説明を行いました。
 次に、令和2年度収支決算(監査) 報告を行い、承認されました。
 続いて、令和3年度事業計画並びに収支予算については、去る3月19 日開催の理事会において承認された旨を報告し、内容の説明を行いました。

【令和3年度の重点事業】
①技術及び経営の進歩改善を図る為の調査研究
②技術の研究会及び研修会の開催
③法面保護工法の発展と普及啓蒙の為の広報活動
④法面保護工事の安全対策の普及
⑤働き方改革にかかる関係諸官庁との連携及び研修会の開催
⑥防災協定に基づく支援活動
⑦社会貢献活動
 その他、13 社の優良工事の表彰を行いました。